新史論/書き替えられた古代史6 呪われた平安京と天皇家の謎(小学館新書)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 小学館
作者 関裕二
レーベル 小学館新書
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月06日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

堕落と恐怖の平安時代。

第6巻は、優雅な貴族社会と思われている平安時代の、驚くべき「裏歴史」を明らかにする。
藤原氏の権力欲はとどまることを知らず、妨げになるものは皇族さえも抹殺した。律令制の矛盾を是正しようと奮闘していた名宰相・菅原道真をも大宰府に追いやってしまったのだ。自分さえよければ、国のことなどどうでもいいのである。そして己の保身しか考えないほかの貴族たちは、藤原氏にすり寄ろうとやっきになっていた。この時代は、陰謀、恨み、妬み、祟りが渦巻いていたのである。
これほどまでにして日本を私物化した藤原氏だが、道長の時代を頂点に坂道を転がり落ちていく。なぜ藤原氏は衰退したのか。そして、この混乱の中で天皇が繰り出した復活の切り札とは何か?
古代史の真実を解き明かす、壮大なシリーズがついに完結!

※【ご注意】この作品には図表が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

ポイント4% 31pt
842 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ