井伊家の教え ―彦根藩35万石はなぜ300年続いたのか
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 プレジデント社
作者 田原総一朗
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年11月30日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
つぶやく
対応端末

2017年NHK大河ドラマ決定! !
浜松、彦根、井伊家1000年の歴史がわかる。

徳川家康だけでなく、豊臣秀吉からも高い能力を認められた徳川四天王の一人だった井伊直政。その直政を育てたのが、2017 年NHK 大河ドラマの主人公である養母の井伊直虎だった。

幕末の大老で桜田門外の変で暗殺される井伊直弼に続く名門井伊家は、どのように形づくられたのか。彦根市出身で、彦根藩の元藩校だった彦根東高校卒業の田原総一朗氏が「井伊家」の歴史に大胆に迫る!

【著者紹介】
田原総一朗(たはら・そういちろう)
1934年、滋賀県彦根市生まれ。県立彦根東高校卒。60年に早稲田大学卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。現在、テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』など幅広いメディアで活動中のほか、早稲田大学特命教授、「大隈塾」塾頭も務める。
著書に『日本の戦争』(小学館)、『堀の上を走れ 田原総一朗自伝』(講談社)、『誰もが書かなかった日本の戦争』(ポプラ社)など多数。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 「井伊家」から私たちが学べること
◆第2章 「井伊家」千年の歴史
◆第3章 直虎と直政のきずな
◆第4章 譜代筆頭・大老家として生きる
◆第5章 幕末、主家を想い、日本を想う。そして、死を恐れない

ポイント5% 70pt
1,512 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい

このページのTOPへ