泥があるから、花は咲く

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 幻冬舎
作者 青山俊董
レーベル 幻冬舎単行本
発行形態  書籍
最終巻発売日  2016年12月07日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応端末

苦しみや悲しみを肥料とし、美しい花を咲かせるために

乾燥した高原や陸地には、清流には蓮が育たず、泥沼、泥田の中にしか、美しい花は咲かないと言うのです。(本文より抜粋)
どんなキレイな花も、泥がなければ咲かない。
泥は肥料であり、邪魔に見えても必要なもの。それは人にとっても同じ。

日本で多くの人生を救った僧が語る人生の意味とは。

目次
はじめに

第一章 視点を変えてみよう
 近づいたり離れたり、距離を変えてみる
 一生という視点から、今どうするべきかを考える
 泥が無ければ花は咲かない
 立場を変えれば、きた道もゆく道
 歴史はどう見るか、神・仏はどう見るかを考える
 もう一人の私の誕生日 ほか

第二章 人生を円相で考える
 不幸なできごとを肥料として人生を深める
 自分で自分を拝めるような生き方をする
 いつお迎えにきていただいても結構
 どんな状況も正念場として受けて立つ
 おかれている場所はどこでもよい、そこでどう生きるか
 よく生きるとは「今はよくない」と気づくこと ほか

第三章 変えてゆくことができる
 地獄・極楽は自分の心一つに開いてゆく世界
 過去を生かすも、未来を開くも、今の行き方で決まる
 闇から光へ、人生を転じる
 愛語から世界を変える ほか

第四章 よき師を選び、道の友とゆく
 正しい師匠に出会えないなら、学ばないほうがよい
 自分のみ向けていた目を他に向ける
 人ではなく、教えを拠りどころにする
 場が人を作り、人が場を作る
 過去をひきずらず、今をどう生きるかだけを問え ほか

第五章 ほんとうの幸せとは
 持ち物に目をうばわれず、持ち主である私の生き方へを正す
 いかなる条件の中にあっても色あせることのない幸せを求めて
 欲を向上へ、利他行へと方向づけしよう
 どこにあっても、仏の御手の中
 天地いっぱいに生かされている生命の尊さに気づく
 生かされて、ご恩返しとして生かして生きる ほか

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント3% 14pt
518 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい