犬夜叉(38)

 漫画
●ポイント3% 12pt
432(税込)

作品概要

▼第1話/白童子の真意▼第2話/白童子の最期▼第3話/神楽の心臓▼第4話/終わらない苦しみ▼第5話/姉弟(きょうだい)▼第6話/風▼第7話/胸の穴▼第8話/同じ魂▼第9話/使命▼第10話/大蛇(おろち)の巣●主な登場人物/犬夜叉(半妖の少年。桔梗がかけた封印をかごめに解かれ甦った。かごめと一緒に“四魂のかけら”を集めている)、日暮かごめ(現代と戦国時代を祠の井戸を通じて行き来する中学3年生)●あらすじ/琥珀を逃がした神楽が、白童子と対峙しているところに駆けつけた犬夜叉たち。二人が争う理由を聞いた犬夜叉に対し、神楽は「自分が赤子の居場所を知っているから」と答える。さらに、その居場所とは魍魎丸の体内であり、白童子と赤子が魍魎丸を強くして奈落に取って代わろうとしている事実も。白童子までもが奈落を裏切ったことに、犬夜叉たちは衝撃を受けるが…(第1話)。●本巻の特徴/奈落を裏切った白童子、神楽の相次ぐ最期。一方、奈落に操られていた琥珀にも、ついに記憶が戻ったことを珊瑚に告げる時が来た。そして、墓参りに訪れた退治屋の里で新たな異変が…!?●その他の登場人物/弥勒(奈落の呪いを受けて右手に風穴を持つ法力僧)、珊瑚(妖怪退治屋の娘。犬夜叉たちの仲間に)、琥珀(珊瑚の弟。一度は命を落としかけるが、四魂のかけらによって生き延びている)、奈落(野盗・鬼蜘蛛の邪心に、多くの妖怪がとりついて生まれた妖怪。四魂のかけらを狙う)、白童子(奈落の落とし子。四魂のかけらを手に入れようとする子供の妖怪)、魍魎丸(白童子が妖怪の残骸を寄せ集めて作った妖怪。中身は奈落の赤子)、神楽(奈落が体の一部を使って生み出した妖怪。風と屍を操る力を持つ)、殺生丸(犬夜叉の腹違いの兄。完全なる妖怪)、桔梗(かごめの前世で、強い力を持つ巫女。奈落と四魂の玉をこの世から消し去ろうとしている)
●ポイント3% 12pt
432(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
432(税込)