• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

二人であることの病い パラノイアと言語

 漫画
●ポイント3% 19pt
702(税込)
出版社 講談社
作者 ジャック・ラカン 宮本忠雄 関忠盛
レーベル 講談社学術文庫
発行形態 書籍
発売日 2017年04月07日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

フロイト精神分析を構造主義的に発展させ、20世紀の思想潮流にあって、確固たる地位を占めたラカン。本書は、ラカン最初期の1930年代に発表された五篇の論考を収録。「症例エメ」「≪吹き込まれた≫手記」「パラノイア性犯罪の動機」の三篇は、症例報告の記録性があり、明澄ですらある。現代思想の巨人の哲学の出発点を探るための必読書である。
●ポイント3% 19pt
702(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く
702(税込)