• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

目的ある人事が会社を変える!~消去法人事と数合わせ人事の落とし穴~20分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 山下龍也 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2017年04月14日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】
実は「人事異動は何のために行われるのか」ということについて明確に示せている会社は多くないのが実情です。

・新しい役職者を毎年出すのは当然
・どこの会社も若手を抜擢しているからうちも
・人事にはインパクトが必要
・人事異動なしというわけにはいかない
・○○社のように上を変えればイメージが変わる

このような誤った認識を持っていませんか。

1.部下のいない長がいる
2.組織の職務、業務のない長がいる
3.職責をもたない呼称が存在している
4.いくつもの長を兼務している人がいる
5.役割のはっきりしない役職やポジションがある

このような状況になっていませんか。

人事異動というのは会社の状況、抱える課題や進むべき方向性によって必要な組織変更や人の異動、職務や職種の変更を行うものです。「計画的人事」とは非常に困難な時代になっています。
どれだけ緻密に先々の予測を立てていても、どれだけ計画を持って人材を育てようとしていても、計画通りにはいかない時代です。社内の事情だけでは1年先すら見えない時代なのです。

数年後を約束した人事や従来のステップアップ人事は現代では非常に困難なのが現実なのです。
「人事異動は何のために行われるのか」しっかりと考えることで時代の流れに取り残されない会社に会社を変えることも可能なのが人事だということもできるのです。

あなたの会社の人事はどうでしょうか。比較対象として、もしかするとちょっとした参考として意味あるものになるかもしれません。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
322(税込)