• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

「無理」といわれたら挑戦しよう10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 山下龍也 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2017年05月19日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)

【書籍説明】
・そんなことできるわけない
・絶対に無理だよ
・無理な要求ばっかり言われても
・できないって分かっててやるなんて無駄

仕事をしていると、そんな場面に遭遇することは少なくありません。
「無理難題」というのは、仕事のうえでは当然のことといえます。
あなたは、そのような場面に遭遇したときにどのように行動しますか。
誰かが「無理」と言っていること、周りが「できない」と感じているようなこと、
そんなことが目の前に出現したとき、あなたならどのように対処するでしょうか。
多くの人はやる前に諦めてしまいます。

確かに、確率で考えると、成功の可能性というのは低いものが多いのは事実でしょう。
しかし、不可能と決め付けてしまうというのは勿体ないかもしれません。誰も成し得ていない、前例がないことです。
もし、あなたが成功することができたのなら、周りはどう感じるでしょうか。
そこで、あなたにもご提案したいことがあります。「無理といわれたら挑戦しよう」ということです。
そこには他の誰とも違う、「唯一無二」の成功があり、「唯一無二」の存在になれるチャンスでもあるのです。

【目次】
挑戦する意味を考える
できること、できないこと
無理といわれる理由
前例がないは理由にならない
成功後をイメージする
開始からゴールまでを描く
前例になれば唯一の存在


【著者紹介】
山下龍也(ヤマシタタツヤ)
自らがリーダーという立場に立つに至った経緯からのリーダー育成論を持つ。
人財不足の時代にリーダーを誕生させるための視点「開花型」の人材をリーダーとして誕生させ、
その人がリーダーとしての自分自身を受け入れ自発的リーダーになるまでの育成を手がける。
成績や能力、自己アピールに長けた人だけがリーダーとなると弊害が出る。
その為に必要な「開花型」リーダー論を説く。
現役の勤め人としての立場から現代の企業の抱える問題について考察し、
独自の視点から疑問や不満を形にすることを提案し、企業へ対し指摘、解決策を導き出す。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
322(税込)