どこと組むかを考える成長戦略型M&A ――「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現

  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社 プレジデント社
作者 竹内直樹
発行形態  書籍
最終巻発売日  2017年09月15日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応端末

売るか買うかではない。
大切なのはどこと組んで成長するか。

日本における中堅・中小企業M&Aの潮流は、後継者不在による事業承継型から、会社の成長を実現する手段としてM&Aを選択する成長戦略型へと移行しつつある。社会の産業構造が激変、ビジネスにおいてカテゴリーを越えた「異種格闘技戦」ともいえる状況が繰り広げられているいま、中堅・中小やベンチャー企業が勝ち残るには、自社のステージを引き上げるためのパートナー選びが重要だ。そのためには、まずは会社を「売る」か「買う」かという思考を捨て、ゼロベースでのM&A戦略を考える必要がある。

本書では、M&Aにより会社・社員・経営者すべての成長と、経営者の新たなステージへの挑戦を可能にした最新の8社の事例と、IPO(株式公開)と変わらない効果を実現するためのM&A=「ミニIPO」の知恵と考え方を紹介。日本におけるM&Aの最前線を知るだけでなく、アフターオリンピックを見据えるための一冊でもある。

【目次より】
第1話◆「成長戦略型M&A」とは何か?
第2話◆「価値情報」を活用できる会社が勝ち残る
第3話◆人の成長なくして企業の成長なし
第4話◆大手企業と組んで中間流通業から脱却
第5話◆ファンドを活用したM&Aで会社を成長させる

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
ポイント5% 75pt
1,620 税込
カートに入れる
(電子書籍)

欲しい