• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

巨塔崩壊 TOWER DOWN 下

 漫画
●ポイント4% 32pt
864(税込)
出版社 竹書房
作者 デヴィッド・ハグバーグ
レーベル 竹書房文庫
発行形態 書籍
発売日 2017年12月22日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

〈北朝鮮の核開発〉〈アルカイダによる同時多発テロ事件〉を事前に作品で予見!
アメリカでは〈未来を予見する作家〉として注目を浴びるデヴィッド・ハグバーグ最新作!
明日、起こりうるテロをリアルとフィクションを交えて見事に描いたエンタテインメント!

倒壊へのカウントダウンがいま始まる──。
元CIAのベストセラー作家が描く明日のテロリズム。

顔のない男──謎のテロリスト
を追って、舞台はカンヌ映画祭からF1モナコ・グランプリ、
そして、再びニューヨーク・マンハッタンへ。
第二のビル倒壊のカウントダウンが開始される──。

「爆破されたと考えるほうが、設計者にとっては都合がいい。だが、それではあまりにも短絡的だと思わないか?」
「“オッカムの剃刀”だよ、ダン。最も単純な説明が、たいてい正しいものさ」
「だが、今回は例外だ」
 エンディコットの工学上の知識が、同調質量ダンパーが崩壊の原因だとする考えを妨げていた。しかしだからといって、爆破を原因だと断定するわけにはいかない。目撃者たちから提供された動画からも分かるように、ビルは倒れる前、中心から三メートル以上左右に大きく揺れていた。しかも、瓦礫から爆発物の痕跡は見つかっていないのである。
──本文より

【あらすじ】マクガーヴィとピートは、不審な人物としてメキシコ人のカスティーリョに目をつける。同時に“ナスル・ザ・イーグル”というコードネームの暗殺者の存在が浮かび上がる。二人は、暗殺者の目的がもうすぐグランド・オープンする超高層タワーのお披露目に忍び込むことだと推理し、セレブたちの集まるモナコへと飛ぶ。一方、暗殺者もマクガーヴィとピートの存在を察知し、激しい駆け引きがかわされる。あと、一歩のところで暗殺者を逃したマクガーヴィはニューヨークへと戻り、最終決戦の場であるタワーの警備にあたる……。果たして、第二のビル倒壊を防ぐことはできるのか──。“未来を予見する作家”が放つ、ハイテクの隙をつくテロ行為の未来像!
●ポイント4% 32pt
864(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
864(税込)