• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

プロゴルファーが順天堂大学院で学んだ「成功する人は頑張らない」

 漫画
●ポイント4% 43pt
1,166(税込)
出版社 主婦の友社
作者 横田真一
発行形態 書籍
発売日 2018年04月13日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


プロゴルファー横田真一が順天堂大学小林弘幸教授に学んだ、成功する人の自律神経との上手な付き合い方。

成功する人は頑張らない、正確に言えば「頑張りすぎない」。
プロゴルファーの横田真一が13年ぶりに、キャノンオープンで復活優勝を飾った、
その背景には順天堂大学小林弘幸教授に自律神経と上手な付き合い方を学んだことにあった。
交感神経(緊張)と副交感神経(リラックス)とのバランスを整えること、
その特性を知ること、成功している人は自然に行っている法則があった。
「優勝争いをしているときは、どのようにペース配分しているのですか?」
優勝経験豊富な一流プロの中島常幸【通算48勝】、
片山晋呉(通算31勝)の二人に聞いたところ、
「朝から、どうどうどう、どれだけ大人しくスタートできるだけだよ」(中島プロ)、
「最終の18番でいい球を打つことしか考えていない」(片山プロ)。
人が集中できるのは40分が限度。
ゴルファーだけでなく、ビジネスマンでも役に立つ、自律神経との上手な付き合い方を伝授する本。

横田真一:茨城県水城高校、専修大学卒。ツアー2勝。
2005年から2年間JGTOの選手会長。
YOKOTA GOLF BASEでは、レッシュ4スタンス理論を用いて
重心バランスの診断から始め、タイプ別にレッスンを行っている。
2013年順天堂大学医学部大学院合格。妻はタレントの穴井夕子。
大ヒットした著書に『プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ!』(角川書店)、
『横田真一4スタンスゴルフ』(実業之日本社)などあり、著書数多数。
●ポイント4% 43pt
1,166(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,166(税込)