血の轍(3)

 漫画
●ポイント3% 16pt
594(税込)
出版社 小学館
作者 押見修造
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル ビッグコミックス
発行形態 コミック
発売日 2018年04月27日
カテゴリ 青年漫画
タグ 家庭
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

そして、「究極のマザコン」が生まれる…

自我を吸い取られた静一はママの玩具としての生活を受け入れる。
わずかでも自己を主張すれば思いもよらぬ「攻撃」が待ち受ける
そんな“母親地獄”の日々の中で静一の精神は徐々に蝕まれてゆく…


メディアでも大反響!「惡の華」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の押見修造が更に深化した最新作!「究極の毒親」第3集!
●ポイント3% 16pt
594(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 0
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 4.00点/レビュー数1
4

毒親が見れる。

2018-11-30 By さん

母親は美しく過剰とも思える息子への愛情表現は純粋なものなのか。息子の心理的圧迫が絵からよく表現され読者も感じることができる。この漫画はそんな母親からの独立を描いているのではないか。

血の轍(紙書籍) についてのレビューです

594(税込)