• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

口中医桂助事件帖15 毒花伝

 漫画
●ポイント3% 18pt
658(税込)
出版社 小学館
作者 和田はつ子
レーベル 小学館文庫
発行形態 書籍
発売日 2018年05月18日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

いよいよ大詰め、シリーズ第15作!

 桂助の治療処〈いしゃ・は・くち〉に、骨董屋の隠居、上川屋啓右衛門が看取女の真穂とともに治療に訪れた。その後、実は痛みを抱えた真穂を治療した桂助の処で、彼女が休養することになる。真穂は、桂助の元で手伝いをするようになった。
 品川の宿で、簀巻きにされた男の骸が発見された。死体を検分した桂助は、その人物が自分が治療したことのある千住品三郎という侍だったことに気づく。品川では、その前後でツクヒ(破傷風)で亡くなった男が往来で見つかり、その男を焼いた伝助や、はぐれ馬も亡くなっていた。品三郎の遺体を戻そうと、千住家を訪ねていった桂助は、その真相を突き止めようと約束する。
 そして、投げ込み寺で見つかった八つの死体は、寺の知らぬところで埋葬されており、全ての遺体に歯がなかった。
 調べを進めると、この一連の事件にさる藩が関わっていることが判明。
 そして、行方不明になっていた志保の消息が!
 桂助は、志保を助け出そうと決心するのだった――。
●ポイント3% 18pt
658(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
658(税込)