• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

これであなたの現場も動き出す!現場を動かす“具体性”と“役割分担”10分で読めるシリーズ

 漫画
●ポイント3% 8pt
322(税込)
出版社 まんがびと
作者 山下龍也 MBビジネス研究班
発行形態 書籍
発売日 2018年05月18日
カテゴリ 一般書籍
タグ -
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)

【書籍説明】

会社の経営方針とは、当然ながら1つの方向に全員が向かっていく為の共通認識です。

それは知っておくべきことではありますが、経営方針の名の下に全員に対して同じ指示を出すというのは間違いです。経営方針にもとづいて、会社は政策を立てます。

政策は、会社単位、部署単位、グループ単位などがありますが、これもまた、統一的に直下の部下に同じ指示を出すなんて無能・無策の象徴です。

経営方針や政策というのは、経営陣がとるべき、目指すべき考え方や指針であって、現場に必要なのは役割分担と具体的戦術です。

「経営陣よ、方針や政策を示して満足するな!示すべきは、それぞれの役割と具体策!」


【目次】
「経営方針」それは最終目的地
経営陣が決めた政策は経営陣の責任
だから政策で現場は動かない
現場が動くために必要なこと
みんなが同じでは目的地に届かない
それぞれに必要な動きがある
経営陣よ!現場に役割を与えよ!


【著者紹介】
山下龍也(ヤマタシタタツヤ)
自らがリーダーという立場に立つに至った経緯からのリーダー育成論を持つ。
人財不足の時代にリーダーを誕生させるための視点「開花型」リーダーの必要性と受動的な「開花型」リーダーが自発的なリーダーに成長するまで育成することの大切さを説く。
成績や能力、自己アピールに長けた人だけがリーダーとなると弊害が出る。その為に必要な「開花型」リーダーを推奨。
現役サラリーマンの目線から現代の企業の抱える問題について考察し、独自の視点から疑問や不満を形にすることを提案し、企業へ対し指摘、部下が求める解決策、上司の採るべき解決策の両面を提案する。
ブログ「サラリーマン作家 山下龍也」も展開中。
●ポイント3% 8pt
322(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
322(税込)