• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

銀座ママ麗子のビジネス事件簿4──販促はおもてなし

 漫画
●ポイント3% 20pt
720(税込)
出版社 パンダ・パブリッシング
作者 高橋朗
発行形態 書籍
発売日 2018年06月01日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

■ストーリーを読むだけで、「セールスプロモーション」がまるっと分かる1冊!

マーケティングのプロが、誰もが頭を悩ませる「売れる仕掛け」を惜しげもなく紹介していきます。

キャンペーンから販促ツール、クロスセル、クチコミ、ネット活用、会員サービス、広報まで、
“広告を使わず”、話題を作って、お客様を購入へと導く黄金のプロセスを解説します。

小説+解説形式なので、堅苦しいビジネス書が苦手な人でも、楽しんでスイスイと読んでもらうことができるはずです。

■「セールスプロモーション(SP)は人間関係作り」
・ターゲットや購入プロセスを徹底的に絞り込む
・競合商品を決める
・アンケートもSPになる
・新規顧客獲得よりも既存顧客活性化
・定性調査と定量調査による「仮説ー検証の繰り返し」が重要
・「製品コンセプト」と「商品コンセプト」は違う
・リアルツールとバーチャルツールの組み合わせ
・「売らないこと」がなぜプロモーションになるのか

今までのビジネス書では分からなかった難しいマーケティング理論が、物語を読みながら自然と身に付く、新感覚ビジネス小説。

■構成
大手家電メーカーのサニー電器では、社運を賭けた“世界初”の新型テレビを売り出そうとしていた。販売促進部部長・中岡章は、広告代理店・芸通の森崎らとタッグを組み、セールスプロモーションを一手に引き受けることとなる。
そんな中、販売促進論を学んだ女子大生・佐藤麻里子が、巨大プロモーションの内幕をのぞきたくてインターンシップとしてやってくるが、流通先の販売店とのトラブルやネットでの悪口書き込みなど、さまざまな事件が起きる。
中岡らは銀座ママ麗子を助けをえつつ、このセールスプロモーションを成功に導けるか──。

■著者略歴
高橋 朗(たかはし・あきら)
 
有限会社無敵ブランド代表取締役。1965年東京生まれ。学生時代から精神病院に勤務し、心理カウンセラーを目指す。24 歳のときに突如マーケティングに目覚め、コンサルティング会社に入社。以来29年間にわたってマーケティング畑を歩む。その間、自動車業界、化粧品業界、タバコ業界、通信業界、飲料業界、流通業界など、さまざまな業界のトップ企業のマーケティング戦略策定に参画。わかりやすい語り口と圧倒的な面白さで評判の、新世代コンサルタント。
●ポイント3% 20pt
720(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
720(税込)