• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

確率論 乗法定理の矛盾と零点の解明

 漫画
●ポイント3% 3pt
108(税込)
出版社 東洋出版
作者 阿久津明生
発行形態 書籍
発売日 2018年06月15日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

事象の発生する確率が50%のとき、私は事象の連続性についてコイン投げの実験と様々な統計結果をもとに考察しました。その結果から、私は既存の確率論の独立事象という考え方と乗法定理が間違っているという結論にいたりました。つまり、私たちは事象が連続して発生する回数を誤って認識しているということです。
 零点の解明により、確率50%の事象が連続して発生する最大の回数は13回であることを証明しました。

連の定理
試行回数をn、事象Aの発生する確率をb[%]、(100/b)^(n)通りの中で事象Aがa回連続して発生する部分をaとするとき(a≧1)、aが試行回数nの中に存在する平均の回数を求める式は以下のようになる。
 
n(100/b-1)^(2)/(100/b)^(a+2)
●ポイント3% 3pt
108(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
108(税込)