異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件3

 漫画
●ポイント4% 44pt
1,198(税込)
出版社 TOブックス
作者 初枝れんげ パルプピロシ
発行形態 書籍
発売日 2018年09月10日
カテゴリ ライトノベル 一般書籍
タグ ファンタジー 孤児院
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

やれやれ、神くらい殺してみせる。 byマサツグ
神に反逆するレジェンド・オブ・ハーレムファンタジー、第3弾!
書き下ろし番外編も収録!


【あらすじ】

災害やバルク帝国の暗部との戦いを乗り越えた孤児院長・マサツグ。多忙な日々を送る中、孤児エリンと家出少女アリアに友情が芽生え、しばらく行動を共にすることに。
その折、再び帝国が侵攻を開始したことで状況は一変する。邪神召喚を目論む皇帝ガナルドールはアリアの母であるばかりか、エリンの仇敵だった!
復讐を誓い姿を消した彼女を追う時、マサツグのかつてない聖戦が幕を開ける!
「守る」スキルすら通じない強敵、絡み合った因縁、そして家族との絆――神代の地に結集する彼らの宿命の結末とは!?
これは、後に人々に神殺しとして崇められる
“マサツグ様”の荘厳かつ華麗なる英雄伝(サーガ)である。

著者について
●初枝れんげ
現実は小説より奇なり、という言葉がありますけど、皆さまはどうですか?
僕は絶対小説の方が奇だと思ってたのですけど、最近そうでもないと思い始めました。
それはそれとしてカレーがうまい。
●ポイント4% 44pt
1,198(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,198(税込)