• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

謎の「耳づまり病」を自分で治す本

 漫画
●ポイント4% 48pt
1,300(税込)
出版社 マキノ出版
作者 萩野仁志
発行形態 書籍
発売日 2018年10月12日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

★こんな人にオススメ→「耳がふさがっている」「自分の声が耳の中で響く」「相手の声が聞き取りにくい」

★耳づまりを治すと、耳鳴り、めまい、不眠、イライラも解消


 耳が「ふさがっている」「つまっている」と感じる

 自分の声が耳の中で大きく響く

 自分の呼吸音が聞こえる

 相手の話が聞き取りにくい

 
 これらの症状は、たいてい、2つも3つも重なって起こる。

また、耳鳴りやめまい、頭痛、肩こり、不眠、イライラといった症状を伴うこともある。

 今挙げた症状がいくつも当てはまる人は、「耳管開放症(じかんかいほうしよう)」という病気のおそれがある。

 耳管開放症は、謎の多い病気である。この病気の本態は、はっきり突き止められておらず、

この病気に詳しくない耳鼻咽喉科医にかかると、全く見当違いの診断を下されることもある。

本書では、自らの耳管開放症を治した医師が、この病気の真の原因を考察するとともに、

セルフケアの方法、そして病院での治療法を、詳しく解説。

耳管開放症でお悩みのかた、あるいは自分の耳づまりの原因がわからなくて苦しんでいるかたにお勧めの一冊。
●ポイント4% 48pt
1,300(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,300(税込)