• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

Why Digital Matters?――“なぜ”デジタルなのか

 漫画
●ポイント5% 80pt
1,728(税込)
出版社 プレジデント社
作者 プレジデント社企画編集部「経営企画研究会」 村田聡一郎
発行形態 書籍
発売日 2018年12月18日
カテゴリ 一般書籍
対応デバイス iPhone/iPad Android Windows
MacOSには対応しておりません。

作品概要

【内容紹介】
“なぜ”デジタルなのか? 企業経営者が知るべきヒントが、ここにある!
“働き方改革”が叫ばれる現代、企業をリードする経営者が考えるべきは、「ヒトではなく、電子を走らせろ。電子は疲れない……」ということである。
「日本企業の強みは『ヒトの力』『現場力の強さ』にある」と言われてきたが、ヒトの代わりにデジタル、つまりソフトウェアに仕事をさせれば、疲れない、間違えない、サボらない、ストライキをしない、賃上げを要求しない、退職しない……と、一日24時間365日、1年でも10年でも動き続けるのだ。
高度成長期から続く「ヒトが走る」経営を続けている会社が、「電子に走らせる」ことを覚えれば、つまり、「ヒトの力」と「デジタルの力」の組み合わせを実行できれば、大きく飛躍できる可能性が広がっているのだ。
経営に携わるあなたが本書を読み終わるころには、自社で取り組むべきことが何であるのか、そのイメージがはっきりと見えてくる。

【著者紹介】
[編]プレジデント社 企画編集部「経営企画研究会」
[監修]村田 聡一郎/SAPジャパン

【目次抜粋】
序章 日本型経営の「勝利の方程式」がなぜ通用しなくなったのか
1章 コマツ LANDLOG~顧客課題、社会課題を解決するオープンなデジタル・プラットフォーム
2章 第4次産業革命の本質は「デジタル・イノベーション」
3章 「デジタル」と「フィジカル」の本質的な違い
4章 日本の現実は「2.5」~インダストリー4.0の本質は「全体最適」
5章 デジタル・プラットフォーマーの時代~早い者勝ちの陣取り競争
6章 デザイン思考で顧客の「真の欲求」を見極める
7章 ケーススタディ:大企業病を克服したSAP
8章 企業システム構築の新常識
SAPからのあとがき
●ポイント5% 80pt
1,728(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,728(税込)