愚連街(10)

 漫画
●ポイント2% 12pt
693(税込)
出版社 小学館
作者 手石ロウ
掲載雑誌 裏サンデー
レーベル 裏少年サンデーコミックス
発行形態 コミック
発売日 2020年01月10日
カテゴリ 少年漫画 漫画
タグ 終末

作品概要

東京でいま一番アブない街、愚連街―― 
謎の組織“光”の襲撃により、壊滅状態に陥った墓村組。
かろうじて命はとりとめたものの、瀕死の重傷を負った墓村は、虎坂シーマと鹿男を自らの代理に任命。二人は愚連街のヤクザを束ねる九頭一家の本家を訪れ、襲撃事件の顛末を報告する。
そこでシーマが見せた男の覚悟とは―― 
一方、愚連街に跋扈する殺人鬼の手がかりを追う天道マハルは、とある道場にたどり着く。
道場主は武道の達人と思われる外国人の男。マハルが前日まみえ、殺人鬼とのつながりを確信した人物だった。
はたして男の正体は? 
その間も二人を嘲笑うかのように殺人鬼は暗躍し、新たな事実が明らかに――!? 
第惨部「ブラッディシンドローム」新展開!!
●ポイント2% 12pt
693(税込)

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
693(税込)