• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

大前研一ビジネスジャーナル No.5 「2040年の崩壊 人口減少の衝撃/地域活性化の現状と課題」

 漫画
●ポイント2% 20pt
1,100(税込)
出版社 good.book(NextPublishing)
作者 大前研一 good.book編集部
レーベル 大前研一books(NextPublishing)
発行形態 書籍
発売日 2020年02月14日
カテゴリ 一般書籍

作品概要

大前研一総監修ビジネスジャーナル第5弾。
大前氏による経営セミナーを中心にまとめた書籍シリーズです。

・各種メディア/官公庁公開情報を組み合わせたファクトデータ(BBT総合研究所分析)
・大前氏による分析/提案
を組み合わせ、よりリアルでより絞り込んだトピックを毎号解説しています。

今回は「2040年の崩壊」と銘打ち、
日本がナショナルアジェンダとして直面する「人口減少」「地域活性化」を取り上げ、
“未来に日本を存続させるため”、今すぐ対応しなければならない課題を明らかにします。


■収録特集
│1│インタビュー/大前研一
2040年の日本に見る課題と解決

│2│セミナー/大前研一
人口減少の衝撃 -少子高齢化の現状と将来課題-

│3│セミナー/大前研一
地域活性化の現状と課題

│4│連載/松本孝利×大前創希
インターネットが普通名詞になった日【前編】


■セミナーテーマ
◇セミナー1:人口減少の衝撃
日本の人口減少の現実をデータで示し、食い止めるための方策を「出生率改善」「移民受け入れ」の2方向から提言。

 ・2040年の日本への「重大な警告」
 ・人口減少が「国債暴落」の引き金に
 ・「産みたい国」日本をめざして
 ・時代遅れの戸籍制度から脱却できない日本
 ・戸籍制度が後押しする「できちゃった婚」
 ・移民受け入れの道筋
 ・大前流・移民政策「3つのステージ」
 ・日本企業は人口ボーナス国を狙い撃て
 ・社会が変わらなければ、人口動態が示す通りの未来がやってくる

◇セミナー2:地域活性化の現状と課題
地域全体を活性化させるための、地方が自ら世界とつながるという「発想の転換」を解説。

 ・世界から「人・モノ・金」を集める「地方の構想力」
 ・「バラマキ政策」「一村一品運動」の限界
 ・中央依存から脱却し「世界」に目を向ける
 ・外資誘致の「三種の神器」
 ・海外事例に学ぶ地域活性化
 ・ウィークエンドハウスで都市のGDPを「奪う」
 ・都市と世界が直接つながる~イタリア・都市国家モデル~
 ・世界のリゾートにあって、日本の観光地に欠けているもの
 ・日本の観光地は「幕の内弁当」
 ・開発において重要な「構想力」と「継続性」


ロングインタビュー「2040年の日本に見る課題と解決」に加え、巻末連載では日本シスコシステムズの設立・成長を牽引した松本孝利氏に、インターネット黎明期を舞台に繰り広げられた企業戦略について伺いました。
●ポイント2% 20pt
1,100(税込)

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
1,100(税込)