GIANT KILLING(55)

 漫画
●ポイント2% 12pt
671(税込)

作品概要

アジアカップ準決勝、日本とオーストラリアの一戦は、好調を維持する椿と窪田の五輪代表コンビ、エース花森らの活躍で、開始早々、日本が2点をリードする展開に――。しかし、オーストラリアは早々のシステム変更から徐々に主導権を奪い返すと、前半終了間際、同点に追いついた。再びリードを奪いたい日本だが、相手エースのトーマス・サリバンに3点目を許してしまう。ブランは切り札として夏木陽太郎をピッチに送りだすが・・・。日本はアジアの壁を打ち破り、決勝へと駒を進めることが出来るか――。
●ポイント2% 12pt
671(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 3
★★★★☆ ■ 0
★★★☆☆ ■ 1
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 4.50点/レビュー数4
5

胸が熱くなる

2014-11-06 By さん

1巻で決める人はたくさんいると思いますが、この漫画は1巻だけでは決めれません。
読み止まらなくなるからやめれないです(個人によりますが)
サッカーに興味が無い私が軽く流すように読みましたが意外とハマって読み止まらなくなりました。

たしかに主人公が監督なのは非常に珍しい。

弱いチームが強いチームを倒せば周りが動揺する
これは読んでる私でも気持いいと思います(笑)
一度読んでみてはいかがでしょうか

GIANT KILLING(電子書籍) についてのレビューです

5

サッカー好きならこの1冊

2013-07-08 By さん

弱小プロサッカーチームを題材とした作品です。選手だけでなく、監督やコーチ、クラブスタッフそしてサポーター等サッカーに関わる人々の葛藤やドラマがとても面白いです。試合についても迫力やドキドキする描写になっています。サッカー好きにオススメしたい1冊です。

ジャイアントキリング GIANT KILLING(紙書籍) についてのレビューです

5

サッカー漫画の新大作

2011-01-22 By さん

1993年にJリーグが開幕し、ワールドカップを多くの人がみる今の時代に、この作品が愛されていることが、いちサッカー大好き人間として、とても嬉しい!!

チームとは、サポーターとは、サッカークラブとは、、、監督・達海を通して見せてくれる!!

ただ、自分がこの作品を応援するのは達海の信条!!
「弱いチームが強い奴らをやっつける」


達海~!!俺はETUを応援するぞ!!

ジャイアントキリング GIANT KILLING(紙書籍) についてのレビューです

3

面白いけど

2018-12-18 By さん

安定の面白さですが、最近監督の出番が少なく
少しマンネリ感があります。

選手ばかりでなくもっと監督やクラブの話を描いて頂きたいです。

ジャイアントキリング GIANT KILLING(紙書籍) についてのレビューです

671(税込)