• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

[音声DL付]世界の新語・流行語 2010-2020――BLM/(my) pronouns/fake news これからはどんな英語が流行る?

 漫画
●ポイント2% 14pt
770(税込)
出版社 アルク
作者 松丸さとみ
レーベル アルク ソクデジBOOKS
発行形態 書籍
発売日 2021年03月08日
カテゴリ 一般書籍

作品概要

2010年~2020年の10年間――皆さんはもちろん、日本や世界の状況も大きく変化したでしょう。その年の出来事や世界情勢の変化に合わせて新たな言葉が生まれ、流行し、今では当たり前のように使われているものも多くあります。
世相が反映された「新語・流行語」を見れば、その年がどんな年だったかが一目でわかります。日本、アメリカ、イギリスの新語・流行語からこの10年を振り返り、2021年がどんな年になるかを予想してみましょう。

(過去3年分を本書より抜粋)
2020年
日本:(大賞)3密/(トップ10)愛の不時着、アベノマスク、オンライン〇〇、ソロキャンプ など
アメリカ:COVID-19
イギリス:※2020年の「Word of the Year」の選出は行わなかった

2019年
日本:(大賞)ONE TEAM/(トップ10)計画運休、タピる、免許返納、闇営業 など
アメリカ:(my) pronouns
イギリス:climate emergency

2018年
日本:(大賞)そだねー/(トップ10)eスポーツ、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ、スーパーボランティア など
アメリカ:tender-age shelter
イギリス:toxic

【目次】
Part 1 有識者が選ぶ2020年を表す英単語・英語フレーズ
Part 2 新語・流行語から振り返る2010-2020
Part 3 2021年 新語・流行語から過去を振り返り未来を予想する

※本書籍は、『ENGLISH JOURNAL』2021年1月号の特集「世界の新語・流行語」を電子書籍用に再編集したものです。
※本書の学習で使用する音声(MP3)は、すべて無料でダウンロードできます。アルクのウェブサイトよりダウンロードの上ご利用ください。お持ちのPCの音声プレーヤーや、スマホに同期して再生、もしくはスマホアプリ「英語学習 booco」(無料)から直接ダウンロードして、再生いただくこともできます。なお、本電子書籍のビューワー上で音声再生はできません。予めご了承ください。商品ご購入前に、ご利用の端末でのアプリ「英語学習 booco」インストールの可否を、ストア(App Store/Google Playストア)でご確認ください。

【対象レベル】英語全レベル
【ダウンロード音声】学習用音声(MP3)
【著者プロフィール】
松丸さとみ(まつまる・さとみ):
フリーランス翻訳・通訳者、ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリス、ロンドンで計6年強を過ごす。著書に『英語で読む錦織圭』(IBCパブリッシング)、訳書に『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』(サンマーク出版)、『限界を乗り超える最強の心身』(CCCメディアハウス)など。
●ポイント2% 14pt
770(税込)

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
770(税込)