• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

憲法二十年 3 冊セット 最新刊まで

 漫画
●ポイント4% 120pt
3,300(税込)
出版社 東京大学出版会
作者 宮沢俊義
発行形態 書籍
最新刊発売日 2021年06月11日
カテゴリ 一般書籍

作品概要

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

戦後二〇年ほどのあいだにあちこちの雑誌に発表した文章のうちで、憲法に関するものをここに集めた。どれも、そのときどきの編集者の求めに応じて書いたものなので、今となってみると、多かれ少なかれ「時」のずれを感じさせる「しかし、戦後の憲法の解説として、また、戦後史の一側面の史料として、すこしは役だつこともあろうかとおもう。明治生まれの人間の使う表現でいえば、さしずめ「難肋」とでもいうところであろうか。
 それぞれの文章の終りに、それがはじめて発表された年号を記しておいた。その時期と関連させて読んでいただければ、幸いである。戦後の憲法が制定される頃から、その直後くらいまでのあいだに書かれたものが、大部分である。どれも、戦後の新しい憲法の特色を、戦前の憲法との比較において、解明することをねらったものである。
 戦前の神権主義に代わってあらわれた戦後の民主主義に対する著者の愛着が、すべての文章の基調になっている。なにぶんにも、戦後の憲法の経験がまだ浅い時期に書かれたものだけに、今日の読者の目には、めだるい点があろうかとおもうが、その点はお許しいただきたい。(「はしがき」より) 本書はその上巻
目次
はしがき
I 憲法のおいたち
 憲法改正について
 日本国憲法の概観
 憲法議会のことども
 八月十五日を想う
 憲 法
 憲法記念日を迎えて
 現行憲法の盲点
Ⅱ 天皇
 日本国憲法と天皇制
 天皇退位論
 天 皇
 皇室典範について
 紀元節と憲法
 神々の運命と憲法
 神々の復活
 元号について
Ⅲ 「天皇機関説」事件
 美濃部達吉先生のおもい出
 機関説事件と美濃部達吉先生
●ポイント4% 120pt
3,300(税込)

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く
3,300(税込)