「暁のヨナ大原画展」は明日から!内装から額縁まで、草凪みずほのこだわり光る

2023/12/21 14:29

草凪みずほの画業20周年を記念した原画展「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」のマスコミ向け内覧会が、本日12月21日に東京・池袋サンシャインシティで開催された。同作史上最大規模となる同原画展では、220点を超える原画やカラーイラストのほか、事前に行われたクラウドファンディングによって制作された等身大アクリルスタンドなども展示。本記事では内覧会の様子をレポートする。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」エントランスの巨大なキービジュアル。
「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」より、作中の出来事を時系列にまとめた年表。
「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」舞台となった大陸のジオラマ。

エントランスには描き下ろしの原画展キービジュアルと草凪からの来場者へのメッセージを展示。続いてメインキャラクターたちの大きな紹介パネルや作中の出来事を時系列に記載した年表、「暁のヨナ」の舞台となる大陸の地図ジオラマが設置されており、原画展に本格的に入る前にこれまでの物語を振り返ることができる。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」より、「四龍集め編」コーナーの展示の様子。
「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」の場内随所には、草凪のこだわり光る装飾品も。

その後、原画やカラーイラストの展示コーナーが続く。展示は物語の時系列順、かつ章ごとに区切られており、章を紹介した動画が再生されているほか、ところどころに草凪による一言コメントを記載したパネルが掲示された。イベント主催者によると、草凪は原画の選定のみならず、章ごとの壁面の色から内装、原画の額縁までほぼすべてに監修として関わっているとのこと。会場内に展示された提灯なども原作に忠実に再現されており、草凪のこだわりが光る原画展に仕上がっていた。

会場の中央にはクラウドファンディングで制作されたメインキャラクターたちの等身大立像が登場。ヨナ、ハク、スウォン、ユン、キジャ、シンア、ジェハ、ゼノが、各々の衣装を身に着けた状態で立体化された。立体像は各展示ゾーンからも格子越しに垣間見ることができる。なおクラウドファンディングは達成率389%を達成したとのことで、立像のほか各章における印象的なサブキャラクターたちもアクリルスタンド化。全17キャラクターがアクリルスタンド化され、うち15キャラは草凪の描き下ろしイラストが使用された。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」より、ヨナたちがたびたび行う野営を模したフォトスポット。
「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」より、ヨナとリリが水辺を眺めているカラーイラストを元にしたフォトスポット。

フォトスポットも充実している。「火の部族篇」ではヨナたちがたびたび行う野営、「水の部族編」ではヨナとリリが水辺を眺めているカラーイラスト、「ヨンヒ手記編」では緋龍王の廟、単行本の表紙にもなっているスウォンの執務室の窓を模したフォトスポットが用意された。それぞれ腰掛けることも可能なため、来場者は作中のシーンを再現してみては。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」より、草凪みずほのイラストギャラリー。

その後アニメのBlu-rayやDVDのジャケット、SNSに投稿したカラーイラストなどのギャラリーへ。同ゾーンにはクラウドファンディングによって作られたプッキューの森を再現したジオラマも展示されている。水に浸かりリラックスした表情を浮かべたり、どんぐりを食べたりするプッキューの姿がジオラマ化された。最後に草凪がこれまで手がけてきた作品のカラーイラストや普段使用している画材を展示。カラーイラストは、草凪のデビュー作「よいこの心得」や「夢幻スパイラル」「NGライフ」などの作品がラインナップされた。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」の入り口。

原画展は明日12月22日から2024年1月9日まで開催。チケット前売り券は本日12月21日いっぱい、ローソンチケットやLoppiで受け付けている。

「草凪みずほ画業20周年記念 暁のヨナ大原画展」

会期:2023年12月22日(金)~2024年1月9日(火)
会場:東京都 池袋サンシャインシティ 文化会館ビル2階 展示ホールD

Loading...
新着情報一覧