海外向けマンガ公開プラットフォームの投稿作から、初のジャンプ+デビュー作家誕生

2024/01/26 00:00

Rafal Jakiが原作をMACHINE GAMUが作画を担当する「NO\NAME」が、本日1月26日に少年ジャンプ+で公開された。海外クリエイター向けのマンガ投稿・公開プラットフォーム、MANGA Plus Creators by SHUEISHAに投稿された作品で、同プラットフォームの投稿作から少年ジャンプ+でデビューする作家が誕生したのはこれが初めてだ。

「NO\NAME」カラーカット (c)Rafal Jaki・MACHINE GAMU / SHUEISHA

「NO\NAME」は2023年9月にMANGA Plus Creators by SHUEISHAに英語で投稿された作品で、毎月行われている月例賞で、初めて最高評価となる金賞を獲得したタイトル。名前がその者の能力に直結するという世界を舞台に、とある母子の失踪事件を追うダークアクションミステリーだ。少年ジャンプ+編集部は物語の続きや新作の制作について、今後作者と打ち合わせを重ねていきたいと表明している。

なお「NO\NAME」は少年ジャンプ+編集部が運営する海外向けマンガ誌アプリ・MANGA Plus by SHUEISHAにて英語とスペイン語でも同時公開。このほか、これまでにMANGA Plus Creators by SHUEISHAに投稿された作品の中から評価の高い16作品もMANGA Plus by SHUEISHAで配信されている。

Loading...
新着情報一覧