「鬼滅の刃」緊急柱合会議で義勇を演じた櫻井孝宏「もう少し会議に参加してほしい」

2024/02/04 10:49

吾峠呼世晴原作によるTVアニメ「鬼滅の刃」の「ワールドツアー上映『鬼滅の刃』絆の奇跡、そして柱稽古へ」の公開記念舞台挨拶「柱稽古開幕舞台挨拶」が、去る2月3日に東京・TOHOシネマズ日比谷で開催された。

左から杉田智和、関智一、鈴村健一、花澤香菜、早見沙織、河西健吾、小西克幸、櫻井孝宏。

2月2日に封切られたばかりの「ワールドツアー上映『鬼滅の刃』絆の奇跡、そして柱稽古へ」。「刀鍛冶の里編」第11話「繋いだ絆 彼は誰時 朝ぼらけ」の初上映に加え、今春放送開始の「柱稽古編」第1話をいち早くスクリーンで観ることができる。上映後に実施されたイベントには、冨岡義勇役の櫻井孝宏、宇髄天元役の小西克幸、時透無一郎役の河西健吾、胡蝶しのぶ役の早見沙織、甘露寺蜜璃役の花澤香菜、伊黒小芭内役の鈴村健一、不死川実弥役の関智一、悲鳴嶼行冥役の杉田智和が登壇。なお柱を演じるキャスト陣が一堂に会するのは、今回のイベントが初めてのこととなる。

河西健吾
花澤香菜

イベントは煉獄杏寿郎役・日野聡によるナレーションからスタート。「刀鍛冶の里編」第11話の感想を聞かれると、河西は「バトンを受け取って、それを落とさずに次につなげることができるのかなと不安な1年だったんですけれども、バトンを落とさずに1年走り切ることができて、次にをつなげることができるんだなって、すごくうれしい気持ちです」と語りかける。花澤は「今回(『刀鍛冶の里編』)でやっと、彼女がどうして彼女らしくいられるのかっていうパーソナルな部分がちゃんと描かれたので、それを演じられてうれしかったなと思いますし、戦ってるときの(蜜璃の)刀ってどうなってるんだろうね、すごいよね(笑)。それもアニメーションで観られてうれしかったです」と返した。

櫻井孝宏

櫻井は、鬼となった禰豆子が太陽を克服するシーンについて言及。「日の光の中、禰豆子が『よかったねぇ』って、(炭治郎に)たどたどしく声をかけるじゃないですか。すごく神々しいなと思ったんですけど、その言葉に観ている側もなんか報われるというか。『すごいな、炭治郎は』と改めて思うとともに、まだ彼にしてみれば道半ばのところもあると思うので、その1つひとつが描かれていく『柱稽古編』にも注目していただきたいと思いました」と言葉を紡いだ。

鈴村健一
左から杉田智和、関智一。

「柱稽古編」の本編について問われると、鈴村は「やっと呼吸が使えたんです」とコメント。観客からの拍手を受けながら、「(伊黒はこれまで)ずっとネチネチ言ってただけですから」と話し、笑いを誘う。これまであまり「鬼滅の刃」に出ている実感がなかったという関は、「『柱稽古編』で初めて花江くんたちと一緒になって、彼らがアフレコしてる姿を見て、『あ、炭治郎がいる! 善逸やん! 伊之助だ!』って。やっと『鬼滅の刃』に参加している実感が湧きました。今は自信を持って『鬼滅の刃に出ているよ』って言えます」と笑顔を見せた。

小西克幸

印象に残っているシーンを問われた小西は、「風の呼吸と蛇の呼吸が出てきたときは、動きの表現がとても素敵ですごく目を引きましたね」と返答。緊急柱合会議での演技に話が及ぶと、鈴村は「最初の柱合会議でのみんなはいい人なのか悪い人なのかわからないまま物語が進んでいったけど、それぞれの戦いや炭治郎への接し方を見ていくと、この人たちはいろんなこと背負っているんだなって。それがわかったうえで緊急柱合会議のシーンを観ると、とってもあったかいというか人間らしさがあったというか。そういうことを感じながら演じました」と述べる。櫻井は「感じ悪くなっちゃうんで、正直もう少し会議に参加してほしいと思いました」と義勇に対する気持ちを吐露。「そんな彼らをギュッとまとめる悲鳴嶼さんカッコいいなと思いました」と続けた。

早見沙織

MCからは印象的なシーンとして、珠代のところにカラスが来るシーンが挙げられる。早見は「1つどうしても捨て置けない思いがあって」と前置きしたうえで、「カラスさんが『吾輩はだだのカラスだ』ってことをおっしゃるんですけど、CVが速水奨さんだから、ただのカラスの声ではないんですよ。オーラがすごすぎてカッコいいというか。響きだけでも空間ができあがるというか。忍さんのカットも挟まったりしましたけれども、どうなっていくのか、ぜひ注目していただきたいですね」と語った。また2月3日が節分の日であることにちなみ、キャスト陣がステージ上から豆まきを行う場面も。小西の「福はうち!」の掛け声に合わせ、一斉にステージ正面、左右へ豆が入った袋を飛ばし、ワールドツアー上映の成功を願った。

最後に櫻井は「『柱稽古編』、とても素晴らしいアニメーションなので、たくさんの皆さんに観ていただけたら光栄です。あとメキシコも行ってきます」とアピール。小西は「宇髄天元は柱を引退した身ではありますけど、『柱稽古編』では自分が感じてきたや思いをいろんな隊士に届けていっていると思いますので、そこも併せて観てほしい」、河西は「全世界に向けてキャストが散らばって、愛を届けていきたいなと思いますので、お待ちいただければ」と思いを伝える。

早見は「日本もそうですし、世界でもここから始まっていくということで、国境を越えてまた『鬼滅の刃』でつながっていけたらいいなと思います」と挨拶。花澤は「『柱稽古編』でちょっとコメディ色も強くなって安心できるかと思います。私の推しポイントは、伊黒さんの「あっちゃー」ってところです。あそこがいいです(笑)」と語り、鈴村は「『鬼滅の刃に出てるよ』と胸を張って言いにくいくらい出番が少なかったんですが、これからもっともっと活躍してくれると思います。その皮切りとなるこのシリーズ、応援してください」と述べる。

左から杉田智和、関智一。

関は「しっかり稽古をして、鬼に負けないようにがんばっていきたいと思います。負けませんからね! 期待して待っていてください」と宣言し、杉田は「思いを受け止め絆をつなぎ、力を高め、誰1人犠牲を出さずに明日を迎えられたらなって。『思ってる』というと弱いので、『もうすでに動いている』という言い方をしようと思います」と熱く語ったうえで、「ふとした疑問なんですけど、柱の会議中にみんな刀を置くじゃないですか。悲鳴嶼さんが持っている“鉄球くん”がいなんです、どこにも。あれどこにしまっているんだろう。夏に海の家のグッズで、ビニールボールと一緒に売られたらいいなと思ってます」と言って笑いを取り、イベントは締めくくられた。

TVアニメ「『鬼滅の刃』柱稽古編」

今春フジテレビ系列で放送開始

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
プロップデザイン:小山将治
美術監督:矢中勝、樺澤侑里
美術監修:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
アニメーション制作:ufotable

キャスト

竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
不死川玄弥:岡本信彦
冨岡義勇:櫻井孝宏
宇髄天元:小西克幸
時透無一郎:河西健吾
胡蝶しのぶ:早見沙織
甘露寺蜜璃:花澤香菜
伊黒小芭内:鈴村健一
不死川実弥:関智一
悲鳴嶼行冥:杉田智和

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正式表記。

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

Loading...
新着情報一覧