• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

仏師 (1巻 全巻)

 漫画
出版社 小池書院
作者 下村富美
判型 A5版 判型とは›
最終巻発売日 2012年07月26日
カテゴリ 青年漫画

作品概要

時は乱世。戦で苦しむのはいつも農民だった。手向かえば殺され、盗まれ、女達は犯された。全てが終わった後、焼き払われた畑とともに残るのは、深い悲しみと怒りだった。
「仏師」魚人(おびと)は、そんな村に生まれ育った。村を焼き払い男達を殺し、女達を犯して逃げて行った侍が父親だった。生まれながらに罪を背負った魚人(おびと)は、「なぜ生んだ? なぜ生まれて来た?」という問いかけとともに仏像を彫る。
そんな村に、新たな戦の種がやって来た。嫁ぐ先々で死体の山を築く「死神」と呼ばれる姫がやって来たのだ。魚人(おびと)は一目この姫を見るなり、「この面差しの仏を彫りたい」と願う様になる。しかし姫は魚人(おびと)に言うのだ。
「なぜ彫る? そんなものを彫ったとて おまえも我も救われぬ なれば神仏など 踏みにじってくれよう。ふたぁりで……」

『雨夜三人話』(32ページ、単行本初収録)
雨宿りで、偶然出会った女と旅人と僧侶。暇を持て余して語られる話は、どれも不思議で恐ろしいものだった。

ほか『むが』(8ページ、最新作)
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 57pt
1,234 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く