• 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版

血だるま剣法 復讐 つんではくずし (1巻 全巻)

 漫画
出版社 ラピュータ
作者 平田弘史
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2012年08月27日
カテゴリ 青年漫画
タグ -

作品概要

時代劇画の巨匠・平田弘史の初期代表作。1961-2年(著者23-24歳)に刊行されるも、あまりの残酷描写に相次いで筆禍事件が勃発。長らく幻の書となっていた初期傑作二作が普及版で再登場。解説は呉智英氏。 ●「血だるま剣法」 初出は1962(S37)年で日の丸文庫刊。刊行後1ヶ月で部落解放同盟の抗議を受け回収・絶版に。6年後の1968(S43)年リメイク版「おのれらに告ぐ」刊。2004(H16)年呉智英監修にて「血だるま剣法・おのれらに告ぐ」は青林工藝舎より42年ぶりに復刊されたが、現在は絶版。 <あらすじ>猪子幻之助は、師の朽木一伝斉を自らの手で殺害し、門弟たちへの復讐を誓う呪いの文言を師の血で書き残した。被差別部落出身の幻之助には、領主の命で家族を惨殺された過去があり、剣の道で身を起こし被差別部落民を救おうと日々修行に励んでいた。しかし、練習相手を血だるまにするなど極端な剣技上達への執念が門弟たちには不気味がられる。出身が知れて風当たりはいっそう強くなるなか、師は彼を跡継ぎにすると発表するが、物語は際限なき血みどろの復讐劇へと突き進んでいく。 ●「復讐つんではくずし」 初出は1961(S36)年、「魔像別冊・平田弘史特集」。平田弘史24歳の時の作品であり、平田劇画を語る時に欠かすことのできない最も突出した傑作である。復讐することの恐ろしさと無意味さ、そして愚かしさをダイナミックな画面と爪の先までを描き分けたペンタッチが見る者を驚愕させ、そして腹の底にズシンとくるものを与える時代劇画の頂点の一つである。後に「大地獄城」として少年誌にリメイク版が掲載されたが原稿は紛失。今では当時の雑誌上でしか見ることができない(戸田利吉郎氏の解説より)。 <あらすじ>鍋山豊前守利景の急襲で滅びた長屋左衛門尉宗綱の子宗之は、利景に対し10年がかりで復讐を果たす。その方法とは、利景を傷つけ無残な姿にした上で石垣を築かせては崩し、崩してはまた築かせるというものだった。だが、復讐鬼宗之も協力者に裏切られる日が来る。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 75pt
1,620 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く