【ライトノベル】銀嶺の巫女 (全2冊)

 漫画
出版社 一迅社
作者 森崎朝香
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2014年01月18日
カテゴリ ライトノベル

作品概要

神の器となる姫巫女―その候補でありながら、次代の帝の企みを知り、儀式で必要とされる“神名”を奪い逃亡した榧。罪人として追われる彼女を救ってくれたのは、辺境の小国ギンレイの王・焔だった。偶然から、榧は彼を巻き込み神と誓約を結ぶことになってしまう。そんな彼女を守り優しくしてくれる焔に、榧は惹かれていくが…。孤独で無垢な巫女は、王と出会い求められることの喜びを知る。巫女と王が奏でる和風ラブファンタジー!
●ポイント5% 58pt
1,274 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

今なら、レビューの掲載時に50ptプレゼント中! (会員ログインが必要です)

  レビューを書く

表紙画像一覧