【ライトノベル】セブンスホールの魔女 (全3冊)
出版社小学館
作者池田朝佳
最終巻発売日2014年10月16日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


“穴”と呼ばれる穴によって、異世界の怪物たちが現れるようになった世界。主人公の泉野原アカザは腕利きの“魔力持ち”として活躍していたが、ある事件をキッカケに魔力を封じられてしまう。そこへ怪物退治を生業とする巨大民間企業“世界対策株式会社”のCEOである高坂ゾフィーから、ある企業の社長にならないかと誘われ、その申し出を引き受ける。しかしアカザが社長として就任した会社は落ちこぼれの魔女たちが集まる会社だった。新米社長と落ちこぼれ魔女たちのバトルファンタジー。魔法の損害は、経費で落とせますか?

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】セブンスホールの魔女 1巻【ライトノベル】セブンスホールの魔女 2巻【ライトノベル】セブンスホールの魔女 3巻

ポイント3% 51pt
1,837 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ