【ライトノベル】鬼子の夢 (全1冊)
出版社白泉社
作者丸木文華
最終巻発売日2013年11月20日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


与六はその晩、村から逃げ出した。明日には領主の「もの」にされてしまうというそんな夜だった。与六は不吉な出生から「鬼子」と村中から虐げられていたが、貧しい村の生まれとは思えぬほど美しい子供だった。十五になる頃には村中の男ばかりか、実父にまで体を弄ばれ…そしてある日、悪名高い領主の目にとまり差し出されることになってしまう。絶望し村を飛び出した与六は、谷に転落し死を覚悟したが、山に暮らす佐助という男に助けられる。その後も生活を共にするうち、与六は佐助の優しい心と熱い肌に酔い、初めて心が満たされることを知った。しかし、与六と佐助のささやかで幸せな日々、蜜月は長くは続かなかった…。鬼才が放つ究極の純愛奇談。

ポイント3% 20pt
730 税込

欲しい

このページのTOPへ