夏子の酒 [文庫版] (1-12巻 全巻)
夏子の酒 [文庫版] 漫画
推定完読時間6時間48分
出版社講談社
作者尾瀬あきら
最終巻発売日1995年06月09日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ青年漫画
タグ-
つぶやく


お日様みたいなお酒――。太陽の光がプリズムを通すと七色に輝くように、酒の透みきった無色の液体の中には、きめこまかなたくさんの味がひそみ、息づいている。そんな日本一の酒を造りだすことを、目標としていた兄、康男の言葉が夏子の心を占めてはなさない。だが今、夏子は、コピーライターとして大きな仕事にかかわりだしたばかり。でも、断ちがたい酒への熱い想いは、あふれるばかりだ。夏子はさらなる夢をめざす!

送料無料
全冊クリアカバー
ポイント7% 382pt
5,904 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ