姉妹坂 (1-19巻 全巻)
出版社小学館
作者大山和栄
最終巻発売日1985年07月01日
版型新書版▶︎版型とは
カテゴリ女性漫画
タグ-
つぶやく

主人公、喜多沢杏(きたざわあんず)のニックネームは“アン”。両親はなく、長女の彩(あや)、次女、茜(あかね)、末っ子の藍(あい)との4人暮らし。4人の生活の場は、両親が残してくれた喫茶店“径(みち)”。学園でアンが柚木冬梧(ゆずきとうご)、桜庭諒(おうばりょう)というふたりの青年に出会い4人姉妹の運命も大きく変わっていく。プチセブン、昭和54年、22号より掲載。京都を舞台に、若者達の織りなす愛と青春を描き、多くの読者の支持と共感を呼んでいる、青春大河ロマン。

送料無料
全冊クリアカバー
ポイント7% 478pt
7,387 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ