グーグーだって猫である [文庫版] (1-6巻 最新刊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社KADOKAWA
作者大島弓子
最終巻発売日2014年06月20日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ女性漫画
タグテレビドラマ化
関連ニュース大島弓子新作!「グーグー...
「グーグーだって猫である...
グーグーだって猫である、...
つぶやく


その日、ペットショップの隅のケージでウトウトしていたひときわ小さく元気のない子猫-それがグーグーでした。
あの珠玉の名作漫画『綿の国星』の著者による夏目漱石風、猫漫画エッセイ。といっても、猫の視線でヒトの日常を語るのではなく、ヒトである大島弓子の目線でグーグーという名の猫と暮らす自らの日常を淡々と描いている。

『綿の国星』では、夢と現実を自在に行き来する「チビ猫」に誘われて、読者はいつでもページを開くだけで内なるその惑星にするりとワープできた。しかし、今回は著者はもちろん読者も、そして猫も人間世界にワープなどしない。
グーグーとのペットショップでの出会いから2番目の猫のビーを拾ういきさつなどが、あくまでも冷静に客観的に語られる。猫への過剰な感情移入もなければ、ファンタジックなデフォルメも皆目ない。その意味では物足りなさを感じる大島弓子ファンも少なくないかもしれない。しかし、新しい猫たちとの距離を平静に保つことで、かけがえのない「サバ」(大人になった「チビ猫」)の死による喪失感を癒している著者の心情を痛いほど感じることができる。

全巻表紙画像の一覧

グーグーだって猫である [文庫版] 1巻グーグーだって猫である [文庫版] 2巻グーグーだって猫である [文庫版] 3巻グーグーだって猫である [文庫版] 4巻グーグーだって猫である [文庫版] 5巻
グーグーだって猫である [文庫版] 6巻

送料無料
全冊クリアカバー
ポイント5% 156pt
3,372 税込

欲しい

このページのTOPへ