【ライトノベル】金蘭之契〜皇子と王子に愛されて〜 (全1冊)
出版社二見書房
作者天野ちぎり矢城米花
最終巻発売日2013年12月20日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


「やっ、ぁ…お、お許し、くだ、さ…」堯帝国の人質となった呂国王子・火韻の従者・琉思は毎夜、皇太子・藍堂の寝所で彼の牡を受け入れている。呂国に謀反の動きあり―藍堂の情報が真実なら、火韻は無事ではすまない。言われるまま体を差し出す琉思。一方、藍堂はその痴態に満足しながらも、琉思の忠誠心が齢十八にしていまだ子供のようにやんちゃな火韻に向いていることに不満を覚える。美しき従者を独占するため、藍堂は火韻の目の前で琉思を犯し、主従で番えと命じるが。

ポイント3% 18pt
669 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ