【ライトノベル】鬼の王と契れ (全3冊)
出版社徳間書店
作者石田要高尾理一
最終巻発売日2016年06月25日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリ
タグ-
つぶやく


二本の角、金色の瞳、鋭い爪、けれど体長はわずか40cm!?異形の鬼を使役する能力で、歴史を陰から支えてきた矢背家。一族最年少の鬼使い・鴇守の相棒は小鬼の夜刀だ。「鴇守の唇を吸うと元気が出る。だって鴇守は可愛いから」。堂々と言い放っては、乳首を舐めたり下着に潜り込んだりセクハラ三昧の夜刀。頭を痛める毎日だったけれど、鴇守に危険が迫ったとき、夜刀の体に異変が起こり…!?

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】鬼の王と契れ 1巻【ライトノベル】鬼の王と契れ 2巻【ライトノベル】鬼の王と契れ 3巻

全冊クリアカバー
ポイント3% 55pt
1,998 税込

欲しい

このページのTOPへ