死にたがりと雲雀 (1-4巻 最新刊)
出版社講談社
作者山中ヒコ
最終巻発売日2016年09月07日
版型B6版▶︎版型とは
カテゴリ青年漫画
タグ-
関連ニュース山中ヒコ、浪人と少女描く...
つぶやく


朽木(くちき)――過去にいわくありげな、一人の浪人。雲雀(ひばり)――家に居つかぬ父を待つ、長屋の少女。朽木が荒れ寺に開いた寺子屋に、雲雀が通いはじめ、二人は次第に心を通わせるようになる。だが、雲雀の父が起こした事件によって事態は急転。雲雀は朽木に罪をかぶせようとするが……!? 俊英・山中ヒコが描く、欠けたる者同士が寄り添って生きる、江戸・下町の人情譚。

全巻表紙画像の一覧

死にたがりと雲雀 1巻死にたがりと雲雀 2巻死にたがりと雲雀 3巻死にたがりと雲雀 4巻

全冊クリアカバー
ポイント5% 118pt
2,550 税込

欲しい

このページのTOPへ