【ライトノベル】カメリアハウスでもう一度 (全1冊)
出版社竹書房
作者リリー・ダルトン桐谷知未(翻訳)
最終巻発売日2014年05月10日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


若き公爵夫人ソフィアは幸せだった。愛する夫のヴェイン、そしておなかには赤ん坊が…。ところが、ある日夫の愛人からの手紙を偶然読んでしまい、動揺したソフィアは階段で足を滑らせ子供を失ってしまう。幸福の絶頂から一転、そのできごとをきっかけに、夫婦はすれ違いの生活を続ける。だが、偶然ふたりは雪に閉ざされた椿屋敷に滞在することに。妻と和解したいヴェインは良い機会だと思うが、ソフィアは夫が伯爵夫人と不倫をしていると勘違いし、かえって険悪な雰囲気になってしまう。しかし、ヴェインの亡き母が遺した宝探しの“指令”を見つけたことがきっかけとなり、ふたりはずっと秘めていた相手への想いと向き合うことに…。夫婦のあいだに雪解けは訪れるのか?。デビュー作にしてRITA賞ファイナリストの傑作!

ポイント3% 30pt
1,080 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ