【ライトノベル】血潮の色に咲く花は (全2冊)
出版社小学館
作者霧崎雀
最終巻発売日2014年09月17日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


人間に寄生し成長する妖花が存在する世界。『宿主』となった者は頭に仮花を咲かせ、今まで生きてきた記憶を失う。そして花のために生き、花のために死ぬのだ。青年・ルッカは、かつて『宿主』となった家族を殺した事件以来、『宿主』を狩り続ける中で自分を認めてくれる存在を探していた。そんなある日、ルッカは街を訪れた少女『宿主』のリティと出会う。またいつもどおり殺すだけ、彼女がただの『宿主』でないと気づくまではそう思っていた?。第8回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】血潮の色に咲く花は 1巻【ライトノベル】血潮の色に咲く花は 2巻

ポイント3% 37pt
1,340 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ