【ライトノベル】南蛮服と火縄銃 (全1冊)
出版社PHP研究所
作者静川龍宗モフ
最終巻発売日2014年07月12日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


「美味なる鉄砲を馳走にて!」鉄砲撃ちの少女かがせが引き金を引くと、火縄で点火された火薬が爆発して玉が飛び出した?。1563年、戦乱相次ぐ日本は戦国時代の只中にあり、世界は大航海時代を迎えて繋がりはじめていた。群雄割拠する日本で足利将軍を助けたいというかがせは、来日した南蛮人の修道士ミゲルと従者たちに接触する。だが、ミゲルはキリスト教の布教ではなく、異教の神々の血統である「因子もち」の発現を確認に来た巡察師だった。彼らとの邂逅でかがせは歴史に抗うことはできるのか?戦国時代の日本を舞台にした歴史冒険活劇、火蓋が切られます!

ポイント3% 20pt
734 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ