【ライトノベル】吸血鬼(仮)と、現実主義の旦那様 (全1冊)
出版社二見書房
作者金ひかる椹野道流
最終巻発売日2014年07月24日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


年の瀬も迫ったマーキスの街。島唯一の検死官であるウィルフレッドの屋敷ではフライトやキアランが議長邸での仮面舞踏会に向け、主たちの衣装の丹精に余念がない。奥方修業真っ最中のハルは、夫の不機嫌を蕩かす閨房術習得にも励む日々。そこへ娼婦殺害の一報が。続く事件現場にも、同じ手口による犯行の痕が残されていた。人の血を吸う悪霊―島に古くから言い伝えられる吸血鬼が現れたかと街が噂に怯える中、異国育ちのウィルフレッドは一人冷静に手掛かりをつかもうとするのだが…。

ポイント3% 18pt
669 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ