声はして涙は見えぬ濡れ烏 (1巻 全巻)
出版社日本文芸社
作者ウノハナ
最終巻発売日2014年08月29日
版型B6版▶︎版型とは
カテゴリ大人女性(アダルト)
タグ-
つぶやく


「友達はいらない。セフレだったら…考えないでもないけどな」
会沢征志が最近気になっているのは、超絶クールで色っぽい美形の、お隣さんかつ同じ大学に通う烏生田凜。大財閥・久喜宮グループの社長の孫らしいが、まるで人に興味がないかのような態度で学内でも浮いた存在だ。
なんとか仲良くなろうとしていたある日、凜がゲイだと知らされ、「不用意に近付くな」とキスをされたことで凜への恋情に気付く会沢。
「セフレでもいい」と、凜を激しく抱いて…。
セフレからかけがえのない存在へ、変化していくふたりの関係は――。
夏の京都を舞台に、クールで激しい大人の恋が始まる!

全冊クリアカバー
ポイント3% 18pt
669 税込

欲しい

このページのTOPへ