【ライトノベル】きみはいつか、ぼくの声をきく(全1冊)
出版社ブライト出版
作者中庭みかな木村ヒデサト
最終巻発売日2014年10月21日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


真幸は精神的な理由で声が出せない。幼馴染みの純太に助けられてきたけれど、ある日、「好きで面倒を見ているわけじゃない」という彼の本音を耳にしてしまう。喪失感の中、真幸の世界へ入りこんできたのは、不良と噂される転校生の芝山実波。「声を聞かせろ」と迫る彼は強引なくせに、時々さみしげな顔をする。戸惑いながらも距離を縮めていく二人だが、なぜか、辛辣な言葉を吐いたはずの純太は、真幸に近づく実波を許そうとはしなくて―。青少年の心が織りなすセンチメンタル・グラフィティ。

ポイント3% 17pt
627 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ