【ライトノベル】記憶の扉が開いたら(全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社ハーレクイン
作者エマダーシー古沢絵里(翻訳)
最終巻発売日2014年10月28日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


叫び声がはじけ、路面をこするタイヤの音が響いた。そして一瞬の衝撃後、ナタリーは何もわからなくなった。やがて目を開けると、彼女は病院のベッドにいた。名前は覚えているが、名字は思い出せず、そばにいる心配そうなハンサムな男性が誰なのかもわからない。訝しむナタリーに、彼は恋人のデミアンだと名乗った。さらに彼は苦しげな表情で衝撃の事実を告げた。「ぼくたちはまだ結ばれていない。きみが結婚していたから」記憶がかすかに揺れた。いったいどういうことなの?

ポイント3% 18pt
670 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ