【ライトノベル】筺底のエルピス (全4冊)
出版社小学館
作者オキシタケヒコ
最終巻発売日2016年06月17日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


殺戮因果連鎖憑依体―。それは古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきた。鬼狩りの組織“門部”は、古来より改造眼球『天眼』と、時を止める柩『停時フィールド』を武器として鬼を狩り続けてきた。百刈圭と、乾叶?心に傷を抱えながら戦う二人が遭遇したのは、歴史上たった六体しか現れていない“白鬼”だった。叶の親友に憑依したその鬼を巡り組織が揺れる中、もう一つの組織“ゲオルギウス会”が動き出す。“白鬼”とは何か?二つの組織の衝突の行方は?人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩が、いま語られる。

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】筺底のエルピス 1巻【ライトノベル】筺底のエルピス 2巻【ライトノベル】筺底のエルピス 3巻

全冊クリアカバー
ポイント5% 122pt
2,640 税込

欲しい

このページのTOPへ