【ライトノベル】銃とウサギとツインテール(全1冊)
出版社一二三書房
作者飯山満石鎚ぎんこ
最終巻発売日2015年04月04日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


ある実験都市、真一市。この都市では銃の携帯を許可された学園があった。当然、銃を持ち、悪さを働く奴らも現れた。一般人ではもちろん歯が立たず、法でも裁けず、見て見ぬふりをするしかない状況で、多くの人が泣いていた…。そんな中、権力にも暴力にも屈せず、悠然とそれらに立ち向かう4人の少女達がいた。各々得意な銃器を片手に、人知れず難事件を非常識な方法で解決する彼女たち。4人がみなツインテールであることから、人々は彼女たちを『灼熱の兎』というようになり、都市伝説となった。雑誌社で働く天野澄緒は、26歳であるが、童顔な外面もあって、まさしく女子高生のようだった。ドジな澄緒は大人としてしてはいけないミスをしてしまい、都市伝説『灼熱の兎』を取り扱うことに…。『灼熱の兎』の調査を進めると、銃の扱いを学ぶ学校のとある事件を知る。童顔な澄緒は、童顔さをいかし、学校に潜入取材をするのだが、とある罠が待ち構えているのであった。

ポイント3% 22pt
821 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

欲しい

このページのTOPへ