【ライトノベル】モーテ ―死を謳う楽園の子― (全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社KADOKAWA/メディアファクトリー
作者縹けいかカズキヨネ
最終巻発売日2015年04月24日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


遺伝子の罠?数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティアで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る?ある少女の自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも…?モーテの子らが望む“命の使い道”とは??

ポイント3% 17pt
626 税込

欲しい

このページのTOPへ