【ライトノベル】お後は笑顔がよろしいようで (全1冊)
  • 紙版新品
  • 紙版中古
  • 電子書籍版
出版社KADOKAWA/富士見書房
作者永菜葉一榊空也
最終巻発売日2015年09月15日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


落語家『久条亭』の門下には、二人の弟子がいる。お調子者だが情に篤く、その愛嬌でウケを取る朱雲。涼やかな眼鏡のエリートで、古典こそ至高と腕を磨く蒼雲。性格も芸も真逆の二人は、もはや茶飯事のケンカをしつつ、横浜は桜木町の寄席で高座に上がる。さてある時、朱雲は売店で万引き犯を捕まえるのだが、その意外な正体と事情を知り…!?「そのハナシ、この朱雲が預るッ」「まったく、とんだ茶番だな…」人々に笑顔を結ぶ、落語家たちの人情噺。どうぞ一席、ごゆるりとお楽しみください―。

ポイント3% 18pt
648 税込

欲しい

このページのTOPへ