【ライトノベル】七日の喰い神 (全4冊)
出版社小学館
作者カミツキレイニー
最終巻発売日2016年11月18日
版型文庫版▶︎版型とは
カテゴリライトノベル
タグ-
つぶやく


神を憎む男の相棒は、人喰う神の少女 夏の猛暑のさなか、行方不明となっていた少年が凍った死体となって発見された。警察は事件の異常性から“マガツガミ”によるものと判断した……。古来よりこの国には人間に害を為す禍々しい神々“マガツガミ”が存在する。そして、それらマガツガミを討伐する特殊な力を持った者たちを“祈祷士”と呼んだ。連携し独自に組織を作り上げた祈祷士たちは、マガツガミたちと長きにわたり戦いを続けてきた――。そして現代、天才的な資質を持ちながら祈祷士としての道を捨てた男・古川七日と、可愛らしくも残酷な“喰い神”の少女ラティメリア。人間とマガツガミという許されざる異種間のコンビは、法や常識に縛られることなく、彼らなりの理由と方法でもって禍々しい神々を葬っていく。 カミツキレイニー待望の新作は、「冷徹な最強の男」×「人を喰う神の少女」の異種バディもの! 共闘もするが、たまに殺し合いもする……そんなコンビが見せるダークファンタジー!

全巻表紙画像の一覧

【ライトノベル】七日の喰い神 1巻【ライトノベル】七日の喰い神 2巻【ライトノベル】七日の喰い神 3巻【ライトノベル】七日の喰い神 4巻

全冊クリアカバー
ポイント5% 123pt
2,660 税込

欲しい

このページのTOPへ