木陰の欲望 (1巻 全巻)

出版社竹書房
作者暮田マキネ
最終巻発売日2015年12月25日
版型B6版▶︎版型とは
カテゴリ
タグ-


親友…“あの日"までは確かにそうだった。だけど今は少なくとも――…裕福な家に生まれながらも、病弱で孤独な少年・鼎を支えてくれたのは、明るく元気な庭師の息子・瑞季。鼎にとって初めてできた大切な親友。しかし、ある事故が原因で瑞季は鼎を庇い背中に大きな傷を負う。そこからすべてが変わってしまった―…。高校生になった鼎を支配するのは、瑞季への強い想いと独占欲。「自分だけの瑞季でいて欲しい…それが無理ならいっそー…」幼なじみの不器用で切ないビターLOVE

作品レビュー

最初のレビューを書いてもらえませんか?
レビューを書く
全冊クリアカバー
ポイント5% 32pt
710 税込
残り 1 個!

欲しい

このページのTOPへ